« 今年のもくもくランドは春開催です | トップページ | ちょっと情報提供 »

2008年8月13日 (水)

ようやく基本準備着手

 予てより、計画していた「高知市里山の家」が具体的作業に入りました。

 高知木の家ネットワーク の本来の目的のひとつである具体的な住宅システムの提案の一環です。

 現在、高知県は84%の森林率を誇っています。たまたま、そうなっただけで、この事を活かさなかったら勿体無い。県下の現状まるっきり活かされていない。私たちはこの事に危惧を覚えました。

 本来は手作業のみの形態も感じていましたが、ユーザー主体で住宅を作ることは当然であり、コスト面においても考慮は必要です。一部プレカットの利用も考えていますが理由はそのためです。

 メンバーに限らず、忌憚のない意見を聞きたいですね。

 高知の木材名産は土佐桧です。これは活かしたいと考えています。

山村

 

|

« 今年のもくもくランドは春開催です | トップページ | ちょっと情報提供 »

高知市里山の家モデルハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395876/22957038

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく基本準備着手:

« 今年のもくもくランドは春開催です | トップページ | ちょっと情報提供 »