« 住宅の寿命について | トップページ | 耐震工事 終了 »

2010年11月23日 (火)

スシロー

  今日、家族で回転ずし「すしロウ」に行ってきた。我が家の子供たちは親心を知ってか知らずか”寿司屋は廻るもの”と仰っていただいている。

 高知には私の知るところ、「寿司一貫」「赤しび」「いちばん船」「天天丸」「函館市場」の回転寿司があって、一応全て家族で出かけている。本当は一人でも行きたいのだけれども一人では妙に恥ずかしくて行けない。回転寿司は大衆寿司店と違い、猫背で寿司に向き合う我が身の背中の哀愁は似合わない。

 今日5時過ぎに出かけて一時間待ち。中に入って驚いた。サービス方法にも驚いたが入った瞬間、この十年立ち寄ったことの無いパチンコ店に出かけた気分になった。全品105円はとても嬉しいものの、出前専門の寿司を思い出した。昔グルメの85歳の父はひたすら沈黙を守っていた。

 多くは語らないけれども回転寿司もネタの大きさによって金額に違いがあるような・・・。経営としては成功しているのだろうが、その点は羨ましい。

 無理やりでは無く純粋に、私たちこうち木の家ネットワークの建築の立ち位置を思い考えた。工務は回転しているけれども、間違いなく私たちは回転していない寿司を握っている。

 (山村)

住まいの相談はこうち木の家ネットワークまで・・。

Common_side_bn15

こうち木の家ネットワーク・・高知里山の家のHP内のブログも住まいに関する情報発信を定期的に行っています。こちらもチェックしてください!!

|

« 住宅の寿命について | トップページ | 耐震工事 終了 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395876/37812791

この記事へのトラックバック一覧です: スシロー:

« 住宅の寿命について | トップページ | 耐震工事 終了 »